スリースター活動

カネマツ・ライジンググループではスリースター活動を通じて、「顧客感動」をテーマにしたホスピタリティマインドの醸成に積極的に取り組んでいます。

三ツ星アミューズメントパーク

ミシュランが発行する、レストラン評価の「三ツ星ランク」(最高評価)を目標とし「お客様が快適に過ごしていただける空間作り」を目指しています。

スリースターコンテスト

接客の第一印象を、お客様の立場で評価していただきます。「笑顔」「あいさつ」などスタッフ個人の接客状況から、お客様にNo.1スタッフを投票していただいています。
店舗ごとに実施するコンテストを通じて、自分では気付かない良い面をお客様から評価していただくことにより、「やりがい」を一つでも多くもっていただき、毎日成長できる職場作りを目指しています。

スリースターヒーロー

年間の累積ポイント(コンテストや表彰などで評価)により、より高く評価されたスタッフを「スリースターヒーロー」と名付けています。
このヒーローに選ばれたスタッフは、年に1度、他社のアミューズメントパークを視察し、体得を目的とした研修を受けることができます。
これは、お客様により良い時間を提供できる「接客のスペシャリスト」からさらにサービスの質に磨きをかける機会となっています。
また、彼らは「ライジングヒーロー」とも呼ばれ、お客様へ「おもてなし」の心を持って接している、いわば「ライジングの顔」という訳です。
皆さんも「スリースターヒーロー」を目指してみませんか。

アプローズ制度

アプローズ制度とは、お客様から感謝の言葉をいただいたり、社内で有効なアイディアを考えて実践するなど、特別な貢献があった、称賛に値する人物に会社が表彰するものです。

スピリット オブ カネマツ

~もっと信頼関係を築くために~をテーマに
上司や部下、先輩社員や後輩社員又は同僚同士が、日頃の仕事ぶりから
見習いたい点やすばらしいと思われる点、評価できる点などお互いの良い点を発見し“褒め合う”ことにより、円滑な職場環境を構築することを狙いとした活動です。
例えば、
「Aさんがお客様にいつでも明るく接する姿はとても素敵です。お客様からはもちろん、スタッフからの信頼もあるスタッフに私もなれるよう頑張ります。」
「Bさんの状況に合わせて行動する姿は、他のスタッフも刺激を受け、接客力向上につながっています。」
などです。

スリースター研修後の感想

ライジング芽室 塚原ゆう子

目配り気配りそしてなにより、笑顔にとても安心しました
スタッフ1

「なにかお困りですか?」園内で道に迷って地図を広げると、従業員の方が声をかけてくれました。
目配り気配りが出来ていないと、容易に出来ることではないと思いました。そしてなにより、その方の笑顔にとても安心しました。
最高の笑顔、アイコンタクト、そしてその努力は誰かの心に感動を与えるのだと学びました。私は初めて研修に参加しましたが、とても楽しむことができ、なにより学ぶことが沢山ありました。
この研修に参加して「完璧なキャストになりたい!」と気持ちを新たにしました。
疲れた時に無表情でゲストをがっかりさせていないか、話しかけづらい雰囲気を出していないか、もう一度自分自身を見つめ直して切磋琢磨し、素敵なお店づくりを目指します。

ライジング新田 伊勢明世

キャスト同士が引継ぎを行っている際も笑顔だった
スタッフ2

私は今回2回目の参加ですが、前回は緊張で余裕がなく肝心の接客をきちんと見ることが出来ませんでした。そこで今回はいくつか目標を立てて、尚且つ楽しもうと思い参加しました。
たくさんの動作の中でも、キャスト同士が引継ぎを行っている際も笑顔だったのには大変驚きました。
ゲストからの目線や注目を浴びているという、プロ意識のようなものを同時に感じました。そうした細部まで徹底した接客を実際に見て、感じられたことがとても嬉しく、また勉強になりました。
「また来たいな」と思ってもらえるサービスを常日頃からゲストの立場で考え、行動に移せるようなキャストを目指していきたいと思います。

ライジング釧路 村山浩

とても有意義な3日間
スタッフ3

今回の研修に参加して、とても有意義な3日間を過ごすことが出来ました。
キャストの方々の溢れんばかりの笑顔とゲストの事を第一に考えた接客、一人一人がどうすればゲストに楽しい時間を過ごしてもらえるか常に考えている姿がとても印象的で見惚れてしまうほどでした。
ゲストに楽しんで頂くためにという情熱を持って、毎日の一瞬に捧げているからこそ心に残る対応や感動を与えられるのだと思います。
今回感じたこの情熱を店舗に持ち帰り、今まで以上にゲスト目線での接客を心がけ、1人でも多くのゲストの心に残る接客をしていき、ひとつでも多くの「良かった」「ありがとう」といったゲストの声を聞けたらいいと思います。